包茎手術

包茎とは

勃起時ではなく、
非勃起時(普段)に亀頭部が皮膚で包まれている状態を包茎と言います。

 

 

また、勃起時・非勃起時に関わらず、亀頭がいつも露出している状態を「露茎」と言います。
一見「露茎」に見えても、本当のところは包皮のだぶつき(余り)が多く、
皮膚の一部分(包皮口であった部分)が狭いため、
亀頭(カリ首)の下で引っかかって「剥けた状態」になっている
「潜在的な絞約型包茎」の例が多くあります。

 

 

 

見た目には問題ないのが特徴ですが、
常に狭い皮膚に負担がかかるため、皮膚が傷つきやすい状態となり
皮膚が切り傷のようになったり、すれたりし、
包皮炎、包皮拘縮(こうしゅく)という流れで進行することが多いです。

 

 

 

若年層では新陳代謝が良いため、拘縮することはあまり出ませんが、
加齢するにつれて、症状が現れることがあります。
症状が現れ悪化すると痛みが強いため、こすれること、
性行為は困難となりちょっとした接触、シャワーを浴びるのも難しい場合があります。
その場合、手術以外の治癒方法はありません。
包茎手術は若い男性が見た目を気にして包茎手術するのはもちろんですが、
中年層も包茎手術をするケースが多い理由にこの問題があります。
「寝たきり老人」になった時の口コミなどを知り
老人になった時のことを懸念して
早めに包茎手術をする人も多くいます。

 

 

なぜ、包茎になるのか?

 

 

もともと男性は、当然ですが包茎の状態で生まれてきます。
成人までに包茎になるか、
あるいは露茎になるかは遺伝的要素もあると言われていますが、
大部分の場合は真性包茎を除き、
成長過程にその原因がある場合が多いです。

 

 

 

第二次成長期はホルモンの分泌が盛んとなり、
大人の体形へと変わる時期ですが、
性器も同様に成長を遂げる時期です。
この時期ペニスは色々な場面で勃起を繰り返すため、
その時、包皮も伸ばされながら成長します。
その過程で包皮口(包皮先端部)が徐々に広がって、
勃起時に剥け、勃起時の長さにうまく合えば「露茎」となります。

 

 

 

 

一方、勃起時に剥けても、
勃起した時以上に包皮を伸ばして成長している場合だと包皮があまります、
いわゆる「仮性包茎」となります。
「真性包茎」は包皮口が広がらない場合、
あるいは、ペニスと包皮がくっつきながら成長した場合に起こります。

 

 

 

包茎手術は日本が最も多く行われていると言われます。
それは生まれた時は皆包茎で、
先に述べたように成長の過程で余剰包皮が形成されて包茎となるわけですが、
欧米諸国の場合、赤ちゃんの時に「割礼」という、
ペニスの先端を少し切る儀式があるところがあります(現在は減って来ていますが)。

 

 

これをすると、既に包皮口が広げられた状態となります。
口が広いのですから、成長の過程で包皮を余計に伸ばすことがありません。
自然に勃起時に合った包皮になることが多いため、
包茎はごく少数となる訳です。

 

 

 

当然日本と同じく包茎の男性が多い国もありますが、発展途上国が多いです。
途上国の場合、技術不足、生活の余裕のなさから包茎手術は日本ほど行われていません。

 

 

 

よく「マスターベーションを沢山し過ぎると包茎になる」という都市伝説があります。
マスターベーションの仕方にもよるのでしょうが、
通常の範囲内であれば仮性包茎になるほど包皮が伸びることは考えられませんので、
やはり都市伝説であるといえます。

 

 

 

しかし、包茎の男性が包皮で茎を全て包み込み、
皮の先端部分を持って一人で行為を行うという方法があるようですが、
このように包皮をあえて引っ張るのは良くありません。
手で茎を上下するくらいであれば、通常ですので問題ないということです。

 

 

 

包茎手術の必要性について

 

 

包茎は、先に述べたように大きく分けると、
仮性包茎、真性包茎に分かれます。
このうち、男性機能上の問題や清潔感、
引いては疾患などの関連性から、「真性包茎」の場合は、
包茎手術を受けるべきだとよく言われています。
「仮性包茎」については機能的に問題がないので必ずしも受けなければならないことはありません。

 

 

 

「仮性包茎」でも手術を必要と考えるケースとしては、

 

外見上の劣等感を抱えており、包茎を治療することでその精神的負担から解放される場合。
・ 美容的な理由による場合(見た目を良くしたい)。
・ 包皮炎を幾度となく繰り返す場合(いつもカスが溜まる状態の場合が多い)。
・ 二次的真性包茎へ変化してしまった場合。※
・ 包皮口が茎を締め付ける場合。
・ 男性器の不衛生が原因で、彼女、奥さんが婦人科の病気に何度もかかる場合。

 

が挙げられます。

 

※二次性真性包茎とは、元々真性包茎でなかったのに、
包皮が固くなってしまった等包皮疾患などの理由で真性包茎に変わってしまった状態のことを指します。

 

仮性包茎 真性包茎 カントン包茎治療のページに進む


 
仮性・真性・広東包茎 上野クリニック評判・口コミ<<受けました>> 皐月形成クリニックの評判 口コミ ABCクリニック評判 口コミ 包茎手術 Q&A