包茎手術のデメリット

精神的デメリット(外見におけるコンプレックス)

包茎手術は外見上成長していない、子供と同様に感じられたり、
見栄えが良くなかったりなどの理由から、包茎を嫌う傾向があります。
また、ペニスの大きさや形態などで男としての優劣を無意識のうちに意識してしまう傾向があります。
このような理由から、包茎であることに強い引け目を感じる方が多く、
旅行先や銭湯などで他人に見られることを避けるようになります。

 

 

この「外見におけるコンプレックス」が包茎手術を受ける一番の理由である場合が多いです。
一度手術をしてしまえば、この外見におけるコンプレックスから解放されます。

 

 

 

機能面のデメリット

 

性行為面については、とりわけ早漏との関係です。
早漏の原因は精神的な要因、刺激的な要因、機能的な要因をはじめ何点か考えられます。
包茎が早漏の原因と決められるわけではありませんが、
亀頭部がいつも皮に包まれていますので刺激に弱いという点があります。

 

 

 

更に、包茎は包皮が長い分、膣内での摩擦が減少しますから、
女性への刺激が弱くなります。
亀頭と包皮の摩擦はあるものの、膣壁と亀頭の摩擦は少ないということです。
亀頭冠(カリ首)は膣壁を刺激する重要な働きがありますが、
上下運動の際、特に引き出す動作の時に、
包皮がカリ部分に被さってしまうため、
女性への刺激が伝わりにくくなるのです。
そのため、包茎を治療すると膣壁とカリ部はいつも摩擦するようになるので、
性行為の際、女性が満足するようになったという例が多くあります。

 

 

 

包茎の場合、亀頭の発育が阻害され先細っている傾向が多く見られます。
成人してから包茎手術を受けても陰茎自体の成長はありませんが、
若干亀頭に張りが出た(血流が良くなって栄養が届くようになった)と感じることがしばしばあります。

 

 

衛生的デメリット

 

医学的に見ると、包茎手術の意義は、衛生面です。
包茎の状態は包皮内に尿、アカ、汗などを溜め込みます。
それらが体温で温められると雑菌が繁殖しやすくなります。
衛生的に悪く、臭いを発します。
自分自身が不快な思いや痛みを感じるだけでなく、
女性器にも悪影響を与えます。
女性器が病気になることがあります。
また、包茎の場合、露茎と比較し環境が悪いので性病(性感染症)に感染しやすい傾向があると言われています。

 

 

女性への害

 

包茎のデメリットは男性だけの問題ではありません。
女性にとってもデメリットがあります。
婦人科疾患(女性器の疾患)を何度も繰り返すケースは、
ご主人やパートナーが包茎である場合が多いと言われています。
とにかく包茎は不衛生なため、女性器に悪影響を与えることが多いのです。

 

 

 

このように包茎には様々な問題がありますが、
通常は包茎であったとしても性行為は出来ますし、
尿も排出できますので、必ずしも包茎は治療しなければいけないわけではありません。

 

 

しかし、愛する女性を病気にさせてしまうことがある点は大きな問題です。
包茎治療が必要かどうか悩む方の場合、
包茎クリニックでカウンセリングを受けてみることが包茎問題解決への第一歩です。

 

包茎手術とは?〜治療に必要なことのページに進む


 
仮性・真性・広東包茎 上野クリニック評判・口コミ<<受けました>> 皐月形成クリニックの評判 口コミ ABCクリニック評判 口コミ 包茎手術 Q&A